眼科一般診療

Ophthalmology general practice

こんな症状はありませんか?

  • 目の中がゴロゴロする
  • 目の疲れが取れない
  • 目のかゆみが止まらない
  • 目に痛みがある
  • 目の奥に痛みがある
  • 朝起きたときに目ヤニで目が開けづらい
  • 普段からよく目ヤニがでる
  • 目が乾きやすい、目が乾いて痛みがある
  • 目が真っ赤に充血する

受診していただきたい見え方の一例

  • 見にくい、または一部が見にくい
  • 光が眩しく感じられる
  • 目の前に糸くずのようなものが見える
  • 見えてるものが歪んで見える
  • 物が二重に見える
  • 見ているものが霞む

当院で検査できること

視力検査 近視・乱視などの屈折異常の検出をし、それを数種類のレンズによって矯正します。
眼圧検査 角膜に空気を吹き付けることで、目の硬さを測定する検査です。
角膜屈折検査 角膜に光を当てて、屈折率・乱視方向を測定する検査です。
眼底三次元画像
解析装置
網膜や視神経の断層画像を撮影する検査です。
眼底カメラ 眼球奥の網膜がある部分の状態を撮影する検査です
視野検査装置 視野の見えない部分の存在の有無を測定する検査です。

白内障・緑内障

Cataract and glaucoma

白内障

白内障とは、目のレンズの役割を果たしている水晶体が曇ってしまい、モノが見えにくくなる病気です。網膜や視神経に異常がなければ、手術によってよく見えるようになります。
医療が発達した現在では、見えなくなってから手術をするのではなく、生活に不便を感じたときに手術を受けたほうが良いとされています。

緑内障

緑内障は古くから知られる目の病気ですが、いまだに解明されていない病気でもあります。
 眼の中の毛様体で水(房水)が作られています。作られた房水は隅角を通って、目の外に排出するのですが、緑内障の方は水の排出が悪く、たまっていきます。その結果、目の内部の圧力(眼圧)が高まり、視神経が障害されて、視野が欠けたり、狭くなる病気です。進行すると改善しないため早期発見早期治療が大事です。

緑内障の種類

急性緑内障発作

急性の緑内障発作は房水の流れが急に塞がれることで、急激な眼圧の上昇が起こります。その結果として、激しい目の痛みや頭痛、視力低下が発生します。
我慢出来ないほどの痛みがありますのでほとんどの方がすぐに眼科や内科を受診しています。
早急に眼圧を下げる点滴や飲み薬、目薬、場合によっては手術で眼圧を下げれば、痛みは治まります。また、眼圧を下げれば視力も改善しますし、視野異常が残ることもありません。
しかしながら、治療が遅れますと視力や視野の異常は残ることもあります。

慢性緑内障

慢性の緑内障は房水が目の外に出て行く出口の流れが悪いために目の中の圧力が高い状態が続き、その結果として目の神経が少しずつ壊れて行きます。 急性緑内障発作と違い痛みを感じることはありませんが、知らないうちに病気が進行していくため、気がついた時にはかなり見える範囲が狭くなっていたり視力が落ちていたりします。 それでも放っておいた場合、最終的には失明してしまいます。

緑内障の進行

急性緑内障発作の場合

急性緑内障発作はある時急激に目の痛み(通常は片方だけです)や頭痛、目のかすみがあります。ほとんどの場合、眼科で眼圧を下げる処置をすれば痛みが治りますが、早急に眼圧を下げないと視力低下や視野障害などの後遺症が発生することがあります。

慢性緑内障の場合

緑内障では視野の中心(物を見ようとした時の中心)以外の部分の見え方が徐々に悪くなります。その後見えない部分(暗点と呼びます)ができます。徐々に暗点が広がり、最終的には視力が悪くなって失明してしまいます。病気の進行はゆっくり進行しますが、自分で視力低下や視野の異常に気付いた時には病気はかなり進行しています。人間は左右の目で視野が重なり合う部分が多く、普通は両目で物を見ているため、片方の視野がかなり悪くなっていても気がつきにくいため、目の異常に気付いた時にはかなり進行してしまっているということになります。さらに、慢性緑内障の病気の進行はあまり急激ではありません。緑内障になってもすぐに失明してしまうわけではなく、長い年月の間に少しずつ悪くなる病気です。

小児眼科

Childhood ophthalmology

小児眼科は一般眼科治療とは少々異なります。
小児眼科では、目の仕組みが完全には発達していない状態での治療となりますので、大人になってからも正常な目の働きができるようにするという観点が加わってまいります。
子供の視力は10歳くらいまで発達いたしますので、お子さんの目の状態をしっかりチェックしつつ、視力を伸ばしていくことが大切になります。

こんな症状はありませんか?

  • いつも頭を傾けてモノをみている
  • テレビを前のほうで見るようになってきた
  • よく見える方の目を隠すと嫌がる
  • 目を細めることが多くなった
  • 子供の目がなんとなく寄っている気がする
  • 絵本を読んだりすることに飽きっぽくなった
  • 昼間、屋外に出ると眩しそうに眼を細める

子供の目の障害は外見からはわかりにくいため、見過ごしやすく気づきにくいです。
個人差もありますが、3歳ぐらいである程度の検査ができるようになりますので、視力が測れるようになったタイミングで、一度しっかりと眼科で検査を受けることをお勧めいたします。

訪問診療

Visit medical treatment

訪問眼科のメリットについて?

  • ご自宅や病院内など安心できる空間で受診できる
  • 待ち時間がない
  • 突然の目の違和感や視力低下時にも対応
  • 薬の配達も可能
  • 費用の支払いについても具体的な説明が可能
  • 担当医や担当助手との信頼関係も築きやすい

訪問診療での主な診療内容

  • 点眼薬などの処方箋の発行
  • 白内障の予防治療
  • 緑内障の検査及び治療
  • 糖尿病性網膜症、高血圧性網膜症
  • ものもらいやドライアイ、結膜炎などの治療
  • メガネ・コンタクトの作成

診察についての諸注意

診察する場合、遮光カーテンなどで光をさえぎっていただけますと精度の高い診察が可能となります。
診察の時間は基礎疾患や検査の内容により変動いたします。あらかじめご了承ください。
訪問診療では検査が十分できない場合もあります。
来院が可能な方や精密検査が必要な場合は来院の上受診されることをお勧めいたします。

訪問エリア

静岡県島田市周辺が訪問エリアとなります
(島田市、藤枝市、焼津市、榛原郡吉田町、御前崎市)
状況によってはこちらから訪問日時を指定させていただいたり、
お断りすることもありますのでご了承ください

オルソケラトロジー

Orthokeratology

オルソケラトロジーの仕組み

近視の場合、光が網膜より手前で焦点を結ぶため、像がぼやけて見えます。

特殊なカーブを持つレンズが角膜前面の形状を矯正し、光の焦点を網膜上に結びます。

レンズをはずしても一定時間角膜の形状が維持されるため、昼間は裸眼視力が改善します。

他の治療法との違い

レーシック手術との違い

オルソケラトロジーはレーシック手術と違い、手術が不要の治療法です。装用を中止することで、角膜をもとの状態に戻すことができます。

ハードコンタクトレンズとの違い

ハードコンタクトレンズは日中装用しますが、オルソケラトロジーに使用するレンズは夜のみで、日中は裸眼で生活することができます。
週2~3回の装用で効果が得られることもあります。

オルソケラトロジーの流れ

1.初回検査

初回検査では以下の項目について行います。
1.治療のご説明
2.適応検査
※屈折検査や視力検査、角膜形状検査などを行います。
3.装用練習
4.レンズ処方
5.装用体験
の5項目を検査いたします。

2.レンズのお渡し

レンズのお渡し後、以下の3つについてご確認いただきます。
1.フィッティングの確認
2.装用練習
装用練習では以下のことを行います。
・レンズ洗浄し、確認してから目薬をレンズの内側にいれます。
・下を向き、両目でまっすぐ見ながらレンズを軽く角膜に押し付けるように入れます。
・顔を上げてゆっくり瞬きします。
3.レンズお渡し

3.定期検査

レンズのお渡し後、
・翌日
・1週間後
・2週間後
・1か月後
・3か月後
以降3か月ごとに行います。

※定期検査は目の検査はもちろんですが、レンズの取り扱い方法や、レンズを快適に装用していただくために欠かせない検査となっています。
何か異常を感じた場合、決められた検査日以外でもすぐに眼科にご相談ください。

メガネ・コンタクトレンズの処方

Glasses and contact lenses

メガネの処方

まずは眼科での受診を

視力が落ちてきた場合やメガネが合わなくなったときに大切なのは、必ず眼科で検査を受けることです。
視力低下や見え方がおかしいのが近視や遠視などの屈折異常によるものなのか、ほかの目の病気のためなのかは眼科医でないと判断ができません。
まずは眼科へ行き、自身の目の状態をきちんと診察することが大切です。

当院でのメガネの処方について

当院では、目の状態だけでなく仕事を含む生活背景や年齢、顔なども配慮いたします。
目の検診には少々時間を要しますので、時間に余裕をもってお越しください。

メガネの処方までの流れ
STEP1

眼科一般検査を行います。

STEP2

視力検査を行います。

STEP3

メガネの度数に目安が付けば、試し掛けを行います。

STEP4

処方箋を書きます。

STEP5

お好きな眼鏡店に処方箋をお持ちになりまして、メガネをご購入ください。

コンタクトレンズの処方

まずは眼科での受診を

コンタクトレンズは「高度管理医療機器」と言われており、必ず眼科医に処方してもらう必要があります。
コンタクトレンズは目の角膜に直接接触するものですので、不適切なレンズを装用した場合や間違った使い方をすると、角膜に傷がついたり、酸素が十分に供給されなくなったりして、様々な目の病気にかかる可能性があります。
また、コンタクトレンズは目の状態によってやドライアイ・結膜炎患者の方は装用できません。小学生が装用した場合、思わぬ影響が出る可能性があります。
必ずコンタクトレンズを検討する前には正しい取扱方法の指導を受ける必要があります。

コンタクトレンズの処方までの流れ
STEP1

眼科一般検査を行います。問診も行い、まずはコンタクトレンズの使用に適しているかどうか、どんな種類のレンズが適しているかなどをお聞きいたします。

STEP2

コンタクトレンズを選択し、一番ふさわしいコンタクトレンズをお選びいたします。

STEP3

続いてコンタクトレンズの度数を決定いたします。

STEP4

近年では、レンズの誤った取り扱いによる事故などが増加しておりますので、コンタクトレンズの取り扱い方法につきましてもしっかりと指導いたします。

手術のご案内

Information on surgery

ご相談・ご予約について

当院では担当医が手術まで一貫して行いますので、信頼できる(患者様の症状をよく理解した)医師が手術にあたります。
手術を受けるに際して、当院では手術に対する不安な気持ちを取り除いていただけるよう心掛けております。

手術までの流れ
STEP1
問診

まずは問診にて症状のご確認をいたします。検査などもしっかりと行います。

STEP2
手術日の決定

問診や検査をもとに手術日を決定いたします。症状によっては日帰り手術をご選択いただける場合もございます。

STEP3
コンタクトレンズの使用中止

手術日前までコンタクトレンズの使用を中止していただきます。これは裸眼の状態にすることで目を自然の状態に戻す役割があります。

STEP4
手術

症状にあった手術を行います。内容や時間は目の状態や施術内容により変化いたします。
あらかじめご了承ください。

STEP5
術後観察

術後、翌日→一週間後→一か月後→3か月後と来ていただきます。

TEL 0547-38-7221

〒427-0111 静岡県島田市阪本1601-11

【 診療時間 】8:00~11:30 / 15:30~18:30

0547-38-7221

〒427-0111
静岡県島田市阪本1601-11

■診療時間
08:00~11:30
15:30~18:30

【 土曜日のみ 】 診療時間 8:00~13:00
※祝祭日は休診となります