花粉症について

About hay fever

知っていますか?目のかゆみのしくみ

なぜ花粉症になると目がかゆくなるのでしょうか。
私たちの体には、細菌やウイルスといった異物が入ってくると、体内から排除しようという働きがあり、この一連の動きを免疫といいます。免疫反応が起こると、組織には炎症が引き起こされ、その炎症がかゆみとなって現れます。
これが花粉症によるかゆみの正体です。

アレルギーとは、免疫反応が過剰な状態

本来、私たちの体は、花粉などを異物と感じないため、免疫反応が働かない仕組みとなっています。
しかしながら、アレルギー体質の人は花粉やハウスダストでも異物と感じて免疫反応が起こります。その結果、かゆみなどの不快な症状が現れてしまいます。

花粉症と目のかゆみ

Hay fever and eye itching

花粉症の人のうち、80%の人が目のかゆみを感じています

厚生労働省の発表【花粉症Q&A集(平成22年花粉症対策用)】によると、日本国民の29.8%以上が花粉症であるといわれています。 約30%の方のうち、花粉症によって目のかゆみに困っている方は、なんと80%にも上ります。 「目のかゆみ」は花粉症の代表的な症状であると言えます。

花粉シーズンへの対策

花粉の本格的な飛散は2月の初旬からといわれています。ですので、飛散する前の1月から症状が辛くなる前に対処していくことで症状を軽くすることもできます。

お医者さんに聞く
「花粉による目のかゆみ対策」

Measures against itching of eyes by pollen

花粉が飛びやすいときの外出は控える

花粉は湿度が低く、晴れた日に風に乗って飛びやすいと言われています。
特に雨が降った翌日の晴れた日は2日分の花粉が飛ぶことになりますので外出しないほうがよいでしょう。また、1日の内では午後1時から午後3時頃がピークとなります。

外出時はマスクやメガネなどでブロック

外出時はマスクやメガネなど花粉を防止できるものを着用しましょう。
また、コートなどもつるつるした素材のモノを選ぶとよいでしょう。

コンタクトレンズを避け、メガネの着用を

コンタクトレンズはレンズに花粉などのアレルゲンが付着しやすいため、花粉症を引き起こす確率が高くなります。
花粉防止用のメガネを使用することで目がかゆくなることを抑えることが可能です。

屋内に花粉をいれないようにしましょう

玄関に洋服ブラシを用意しておいて、帰宅時に玄関前で花粉を落とすことをしましょう。さらにうがいや手洗いで体の表面についた花粉も洗い落としましょう。外に干した洗濯物や布団は花粉をよく落としてから取り込みましょう。

TEL 0547-38-7221

〒427-0111 静岡県島田市阪本1601-11

【 診療時間 】8:00~11:30 / 15:30~18:30

0547-38-7221

〒427-0111
静岡県島田市阪本1601-11

■診療時間
08:00~11:30
15:30~18:30

【 土曜日のみ 】 診療時間 8:00~13:00
※祝祭日は休診となります